上羽たたみ店のブログ

上羽畳店3代目の日常
レッドタイガーバナナ
種を植えた「レッドタイガーバナナ」が発芽しました。

4月21日のブログで記事に書いたレッドタイガーバナナの種を植えたものがやっと発芽しました!
長かったぁ〜〜〜、、、、、
でも良かったです♪
輸入物のバナナの種の発芽率は大変悪いらしいので芽が出た事自体がメデタイ事だと思っています♪



まだ芽が出たてで小さなバナナです♪
でも期待のバナナなのです!!!


10粒の種を植えてから3ヶ月、
もう芽は出ないかもと思いながらも毎日水遣りを行っていました。
そしてようやく1つの種が発芽♪、
種が有るバナナですが食べられるバナナ、しかも耐寒性は芭蕉なみでへレンズバナナよりもあるとの事です!
去年の冬を露地栽培で越す事が出来なかったへレンズバナナ・・・
なので今回期待するは「レッドタイガーバナナ」です!
予定としては今年の冬は室内で越冬させ大きく苗を育てて来年は地植えにする予定です。

今年は苗で購入したバナナも4種類、
昨年から育てているバナナの品種をあわせると6品種になります。
種あり、種無し様々ですが、度合いは様々ですが一応は寒さに強いというものばかりです。
冬に枯らしてしまったバナナを除いても今年は多く育てている事になります!(苦笑)
昨年の冬は記録的なほど寒かったので仕方ないとは思っていますが今年の冬はなんとか多くの苗の越冬を目指してます。
そして来年こそは自家栽培でのバナナ収穫を目指します!!!

中でもレッドタイガーバナナは露地栽培で収穫!
そしてそれを親に他の色んな品種を掛け合わせ寒さに強く美味しいバナナ栽培、そして舞鶴で露地栽培での収穫♪
それを目標にこれからも楽しくやっていきますよ! o(^o^)o ワクワク





『上羽たたみ店』

↑をクリックしてホームページも見てね。











| 上羽たたみ店三代目 | バナナ | 21:46 | comments(4) | - | pookmark |
バナナの株分け
今日の午前中バナナの株分けをしました。

鉢植えのミニバナナの脇芽が多くなってきたので株分けをしました。
脇芽が多いと親株に栄養がいきわたりませんからね。
これから夏にかけてグングンと大きくなるはずのバナナです。
今のうちに良い環境にしておかなければです!



以前おこなった鉢植えのバナナの株分けを思い出しながらその時の手順で作業を進めていきました。


株分けするバナナです、脇芽が3本、大きくなってきています。



水をかけて土を落として根っことイモの部分を分かりやすくします。
きる所を失敗してしまうと大変です!
イモを分けるとき根っこか全く無いと成長に差し障ります、下手すると枯れる事もあるんです。。。



株分けしたイモの部分には沢山の根っこを残す事が出来ました。
しかし、親の株のイモにはチョロチョロっとの根っこしか無い状態になっちゃいました・・・
一気に株を分けすぎたかなあ。(苦笑)
大事な親株なのに、、、
しばらくは成長が気がかりです・・・



新しい植木鉢に植えて出来上がりです!
うまく根付いてくれるのを期待しています!!!
(ビニール袋に入っているのは里子に出しました)



我が家のバナナもまた数が増えました♪
で、この冬を越す事が出来ず枯れてしまったバナナが多数出たのですが
寂しく思った私は以前ブログでも書いた種のほかにまた数種類のバナナの苗を購入してしまいました。(苦笑)
またおいおいそのバナナ達も紹介していきますね♪

嫁の失笑をかいながらも自家製バナナを収穫することを夢見て頑張っていきます!!!




そして!
あすは『れんがの街マラニック』の日です。
先日の台風の影響で土砂崩れがあり大規模なコース変更になっちゃいました。
それでも楽しみな大会です。
我が家族は 嫁『小学校のPTA行事』息子『クラブ活動』娘『バレーボールの練習』とみんな忙しそうです。
それでもスタートとゴールには嫁が来てくれる予定でいます。

さあ、明日のためにもう寝るといたします♪




『上羽たたみ店』

↑をクリックしてホームページも見てね。




| 上羽たたみ店三代目 | バナナ | 21:47 | comments(2) | - | pookmark |
へレンズバナナ
露地植えのバナナの頼みであった『へレンズバナナ』ですがぁ、、、
どうやら枯れてしまったようです。(T_T)

なかなか新芽が伸びてこないので思い切って途中で切って見ました。
すると悲しいかな中心部分も黒くなっていました。
親株も子株も同じような状態でこれではここから成長する見込みはありません・・・
耐寒性が強いといわれるへレンズバナナでもこの冬は厳しすぎたようです。
というより、
やっぱり日本海側の積雪もあり寒さも厳しい舞鶴市ではバナナの露地栽培は不可能なのかもしれないですね。(w_−; ウゥ・・




中身は元気で春になれば又成長すると思っていたんですけどねえ、、、



途中で切り落として中を見てみました。





画像のように中心部まで枯れてしまっているようです。
地中の芋の部分が生きていてくれたならばまた脇芽が出て来てくれるはずなのですがそれもどうだか分かりません、
一応期待を込めてそのままの状態で様子を見てみます。




現在の我が家のバナナ達は。


暖かくなってからは日中は外に出している『宮崎ミニミニバナナ』と『ドワーフ・オリノコ』と



大きくなったので今だ室内で育てている『宮崎ミニミニバナナ』

との2種類3株となってしまいました。
このままではヤバイ、なんとかもう少し頑張らなければ、

と・・・

かなりの耐寒性を持ったバナナの種を購入しました!(爆)

その名は『レッドタイガーバナナ』、説明によると『へレンズバナナ』よりもかなり寒さに強いようです。
現在水につけている状態で明日にでも種まき予定です。
ただバナナの種の発芽率はかなり悪いので不安は一杯、芽が出るまで半年かかることもあるそうです。
でも楽しみ楽しみ♪
どうか発芽してください!(-m-)” パンパン


まだまだ諦めず自家栽培のバナナを食べられるまで挑戦していきますよ〜!!!





『上羽たたみ店』

↑をクリックしてホームページも見てね。




| 上羽たたみ店三代目 | バナナ | 23:34 | comments(2) | - | pookmark |
春、そして我が家のバナナ達。
この冬は雪が多くとても寒い冬でした、、、

バナナ達にとっても厳しい環境だったようです。
地植えのバナナ達は枯れてしまったものと
生きていてくれるのを願っているものとになってしまいました。


仕事場に持って行っていた株分けした宮崎ミニミニバナナ
室内にもかかわらず枯れてしまいました。

完全にしおれています・・・


地植えの島バナナとへレンズバナナの株分けしたものも枯れてしまいました。



触ってみるとクラクラと頼りなく動くので思い切って切ってみると、、、
中は黒くなって腐っていました・・・
寒さに耐えられなかったようです。(涙)


去年地植えして大きく成長した種植えのへレンズバナナも。

一応このバナナは生きているように思います。
というより芽が伸びてきてくれている事を願っています!
へレンズバナナは寒さにはかなり強いバナナの種類だそうです
なのでこのバナナが枯れるようでは積雪のある舞鶴でのバナナ栽培は不可能という事なのでしょう。。。

どうか頼みます!



で、室内で越冬したバナナ達も最近の暖かさから外にだして太陽に当ててあげました。

しかしこれが失敗でした。

せっかく無事に冬を越えたのに
私が急に太陽に当てたものだから葉っぱが日焼けを起してしまいました。(T_T)

しかしまあこのくらいの日焼けならばすぐに新しい葉っぱが伸びてくるでしょう!
うんうん。。。(^^;



とかなんとかで
またバナナのシーズンがやってきました。
生き残ったバナナ達をうまく育ててまた株分けして増やして行くつもりです。
今年こそ自家製のバナナを食べれるかなあ〜♪




『上羽たたみ店』

↑をクリックしてホームページも見てね。




| 上羽たたみ店三代目 | バナナ | 22:00 | comments(2) | - | pookmark |
少し暖かい日が続いていますが、、、
やばいです。(〒_〒)ウウウ



大切に育てていた庭の地植えバナナ達なのに
先日までの寒波の影響か画像のような姿になっちゃいました・・・


やっぱりいくら耐寒性のバナナといえども雪の降る舞鶴市では収穫を目指すどころか育てる事も大変なことのようです。
枯れたように見えるバナナ達ですが芋は生きていてくれて春になって復活する事を願っているしだいです!!!




で、室内のバナナ達ですが少し葉っぱが傷んできていますがとりあえず元気にしています♪






『上羽たたみ店』

↑をクリックしてホームページも見てね。




| 上羽たたみ店三代目 | バナナ | 17:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
雪に備えて
雪模様を知らせるの天気予報がでてきました。

12月も半ばを過ぎこれから本格的な寒さになり雪も降ってきます。
天気予報でも雪予報が。。。

という事で我が家の庭の地植えにしているバナナの防寒対策をする事にしました。
(ちょっと遅すぎですが・・・)
バナナは根っこの部分が里芋のようになっていてここが元気であれば茎や葉が枯れてもまた復活する可能性があるのです。
なので地面が凍ったり雪が積もって温度が低くならないように藁とイグサで覆う事にしました。
藁多く使いたかったのですが今の時代の畳屋でも藁はそう多くもってはいないので古表をほどいてイグサをまぶして覆いました。

特に島バナナは寒さには弱い品種なので茎の部分にも覆いをして寒さを防げるようにしました。
でも実はこの島バナナ新しく出てきた芽が枯れてしまっているのを見つけてしまいました、、、
防寒遅かったぁ・・・(T_T)
でも、寒さで葉っぱなどが枯れるのは覚悟していたので仕方ないとは思っています。
根っこはなんとか無事でまた来年暖かくなったら元気に復活してくれたらと思っています!!!


で、他のバナナのへレンズバナナは芭蕉程ではないとの事ですが結構寒さに強いとの事なので茎は無保護で越冬させる予定です。
宮崎ミニバナナとドワーフオリノコバナナは室内での越冬なのでまあ無事に春を迎えられるはずです!
(嫁には顰蹙をかっていますが・・・(^^; )




寒い中バナナ達はガンバっています!



根元にはこのようにイグサをばら撒いて地面が凍らないようにしました。
雪が降っても保温できると思います。



島バナナの茎にはこのように寒さ対策をしました。
でも葉っぱはそのままにしてるので枯れてしまうかなあ・・・



実際葉っぱに間から出てきた新しく伸びてきた芽は黒くなってしまってます。
もう枯れているでしょうね。
茎の中は無事だと良いのですが・・・


とりあえず自家製のバナナを収穫できるようバナナ栽培の難関の冬を乗りきるよう大切に育てたいと思ってます!!!




『上羽たたみ店』

↑をクリックしてホームページも見てね。








| 上羽たたみ店三代目 | バナナ | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
バナナを室内へ
11月に入り気温もずいぶんと低くなってきたので鉢植えのバナナを室内に入れる事にしました。

去年はリビングに入れていたのですが狭苦しく圧迫感を感じ嫁も嫌そうだったので今年は私が良く居る和室に入れました。
入れたバナナは『ミニ宮崎バナナ』の親株と分けた子株達そして『ドワーフオリノコバナナ』です。
とくにミニ宮崎バナナは結構大きくなったので入れるのにも一苦労、、、
枯れた葉っぱは取り除きなるべくスマートにして息子に手伝ってもらって中に運びました。
このバナナ達も比較的寒さには強い品種ではありますが冬の間のダメージが少ないほうが来年の成長も良いと思い室内へ入れたわけです。
来年は実が食べれると良いのですが!!!

で、地植えにしている『へレンズバナナ』『島バナナ』は放置状態で外での越冬をする事になります。
へレンズバナナは耐寒性はかなりあるようですしバナナ自体も大きくなっているのでおそらく無事に春を迎えられると思っています。
ただ、島バナナは寒さには弱い種類のよなので少し心配しています、積雪地方で冬を過ごした苗という事で購入したのですが少しは防寒処理をしてあげなくてはと思っています。




株分けしたミニ宮崎バナナ二株です。



小さなほうはドワーフオリノコバナナで大きなほうが宮崎ミニバナナ、こちらは結構大きくて大変です。



地植えのへレンズバナナと島バナナです。



どのバナナもこの冬頑張ってちょうだいよ!!!






『上羽たたみ店』

↑をクリックしてホームページも見てね。




| 上羽たたみ店三代目 | バナナ | 08:54 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
バナナの株分け
株分けの適した時期が少し過ぎたようですがバナナの株分けを行いました。

暑かった今年の夏!
バナナ達もグングンと成長してくれてかなり大きくなりました!
成長に伴い我が家のバナナ達にも脇芽が出てきていました。
地植えのへレンズバナナの脇芽はかなり大きくなってきましたが地植えのため狭苦しい感じも無いのでまた次の機会にと2番手の作業にする事にしました。
鉢植えにしている「宮崎ミニバナナ」はやはり植木鉢の中で狭苦しく感じる様になったので室内での越冬前に株分けしようと本日実行しました。
ただ株分けの方法分からず、以前適当にカッターナイフで切り分けた時根っこが全く無い状態の部分から切ってしまって子株を根付かせられづ枯らしてしまった経験があるのでそれを繰り返さないように慎重に作業を行いました。
今回は根っこが確認できるように植木鉢からバナナを抜いてしまい土を水で洗い落とし株から生えてきている根っこを傷つけずなるべく残すようにナイフで切りはなしていきました。
植木鉢も大きくバナナの木自体もかなり成長していたので作業は大変でしたがあわてずゆっくり慎重に行い何とか株分けに成功しました。
ただ、この方法が正解なのかどうかは定かではありありません。
脇芽を植わったまま土の上からスコップやナイフでグサッと切り取ったのでも正解だったのかも知れませんし水で土をのけてしまうのはバナナの木にダメージを与えてしまったのかもしれません。
株分けし植えた子株達や親の株のこれからの成長を見て成功だったのかどうなのかを判断するしかないと思っています。
今回の株分けで親株のバナナもダメージを受けたのは間違いありません。
株分けでナイフを何箇所も入れたわけで切り傷を負ったことになりますし土を取っていたったさいにも根っこをずいぶんと切ってしまい根っこにもかなりキズをつけています。
これから寒くなり成長も鈍ってくる時期にこんなことをして良かったのかどうかも不安です。

まあでもバナナは結構強いとも言いますしこの先の成長を期待し見ていこうと思います。
上手く越冬を成功させ来年春には花が咲き秋にはバナナを食する事を目標にしたいと思います♪





ホースで水を勢い良く当てて根っこについている土を落としていきました。
この作業でもかなりの根っこが切れてしまいました・・・




なかなか綺麗に土を取る事が出来ませんでしたがこのくらいまですると脇芽の株から出ている根っこの確認も出来ますし
親株からとの境目もはっきり分かるのでここらで株分け作業をする事にしました。




なるべく丁寧にカッターを入れて三株の切り離しに成功しました。
子株にも多くの根っこを残す事が出来たので上手く根付くと思います。




子株を植木鉢に植えて水をたっぷり与えました。
この中の真ん中の小さい株はへレンズバナナを育ててもらっている友達の所にまた里子に出して育ててもらう事にしました。
いきなりお宅に行って育てて頂戴とわたしてきました。(苦笑)
一応興味を持ってもらっているようでしたがじつは迷惑だったかなぁ・・・ σ(^_^;)アセアセ...
まあ、頑張って育ててもらいましょう♪




親株も植木鉢に戻しました。
根っこは傷つきましたが新しく土も入れ替えましたし根っこにも新鮮な空気が補充されたしでリフレッシュ?出来たでしょう!


親株には脇芽を1つ残しました。
花が咲いたりもし親株が枯れてしまった場合のために次の親株になる芽を残しました。




で、他の最近の我が家のバナナ達の様子です。


今日のへレンズバナナです。


class="pict" />
今日の島バナナです。



今日のドワーフオリノコバナナです。



へレンズバナナの株分けは今年中にするか来年暖かくなってから行うかはわかりませんがとりあえずは我が家のバナナ達がこれからやってくる冬を無事に過ごす事が出来るように頑張りたいと思っています!
来年の秋は自家取りバナナを食べるぞ〜!!!






『上羽たたみ店』

↑をクリックしてホームページも見てね。









| 上羽たたみ店三代目 | バナナ | 23:10 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
最近のバナナ達。
9月に入っても残暑が続く暑い日々、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

私はといえば風も吹かない暑い仕事場で汗をカキカキ仕事にせいを出しています。~(=^‥^A アセアセ・・・
そして、、、
9月末に100キロを走るマラソン大会に申し込みをしているのにもかかわらず、暑くて練習に出かける気が起こらずヤバヤバ状態でいます・・・
この練習不足を残りわずかな日数で何とかしようと悪あがき中でございます。
長距離の大会を完走するには練習した距離に比例するってのは分かってはいるのですがねぇ。。。
まあ練習不足は暑さのせいとしておくことにします。(苦笑)

しかしこの長く続く暑い日々のおかげで元気にグングンと成長するのは我が家の庭のバナナ達です。
特に地植えにした『へレンズバナナ』の成長は凄く今では私の背丈を越えまだまだ大きくなっています!
(まあ私の背丈はしれたものなのですが・・・(^^; )
冬には弱いバナナ、植えているバナナはわりと耐寒性のある品種なのですがやはり冬になってからの事を考えると少々不安ではあります。
まあ寒くなる前になるべく大きくなってもらって無事越冬し来年はバナナを食することが出来るようにと思っています♪




雨が降らないこの夏はバナナ達への毎日の水やりは欠かすことが出来ません。。。

去年の春に種を植え植木鉢にて室内で越冬した『へレンズバナナ』種ありバナナではありますが寒さには強いそうで今年の春に地植えにしました。
今ではここまで大きくなりました。
そして手前の小さめのバナナは『島バナナ(種無しバナナ)』といって沖縄ではわりとポピュラーな国内産のバナナだそうです。
酸味と甘味がベストな味で私たちが普段食べているバナナとは全く違う大変美味しいバナナということです。
ただ寒さには弱く台風にの風にも弱く流通にも向いていない様で沖縄以外にはうっていないようです。
本州の積雪地方で越冬した木からの株分け苗って事でこの苗を買ったのですがもしかしたら冬を越える事が出来ないかもしれません・・・(〒_〒)



この『宮崎ミニバナナ(種無し)』も大きくなりました。
春から2回も大きな植木鉢に交換と手間をかけました。
ミニ名前のとうり背丈は大きくならないそうなので鉢植えで育てています、なので冬場は室内で育てるつもりでいます。
それでもこのバナナの原種は宮崎では路地や山で自然繁殖しているって事なので寒さには強いみたいです。
(雪の積もる舞鶴では?ではありますが・・・)



これは『ドアーフ・オリノコ』です。
これも寒さに強いそうなのですがまだこんなに小さいです。
室内越冬で来年地植え、そう思っています。


我が家のバナナ達今年の暑い夏を大変喜んでくれてるようで成長も凄いものがあります!
はたして来年はバナナの収穫が出来るでしょうか?
暑い夏に感謝(^^; しながら来年バナナ収穫の期待でイッパイの私なのでした♪




で、おまけですが実生柑橘類の苗です。

種から植えた甘夏みかんとグレープフルーツを寄せ接ぎしたものを、成長した後に接いだ部分から切りました。
するとちょうど接いだ部分から新しい芽が出てきました。
ネットでの情報によるとこの芽からは甘夏みかんとグレープフルーツの混じった新しい柑橘系が育つという事です。
画像では分かりにくいかもしれませんが二つの苗が繋がった部分から芽が出ているでしょう♪
これもこの先が楽しみです、実がなるその日まで大切に育てたいと思っています。
それがたとえスッパイみかんが出来たとしても・・・(苦笑)





『上羽たたみ店』

↑をクリックしてホームページも見てね。




| 上羽たたみ店三代目 | バナナ | 23:44 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
新しいバナナの苗を購入しました。
沖縄では普通に露地栽培されている『島バナナ』をネットにて購入しました!

この『島バナナ』本当はあまり耐寒性がなく本州では露地栽培は難しいバナナの品種なのです、、、
しかし!
この苗の説明によると『新潟で越冬した島バナナ』と言う事でそれからも新潟で露地栽培されていたそうなので思い切って購入したしだいなのです!!!
不安はあるものの到着してすぐに、すでに地植している『へレンズバナナ』の横に地植えしたのであります。




宅急便で届いた苗を梱包からほどいてみました。



早速地植えにしました。
土が乾かないようにと刈り取った草を植え込みの周りにかぶせます。
思うにこれで水分の蒸発は少しは抑えられると思います。。。



少し離れて撮影するとこんな感じです。
これからはへレンズバナナと仲良くですね♪



反対側から撮影すると先に植えたへレンズバナナが大きく成長したのが分かります!!!



この島バナナは種無しバナナで日本原産の品種という事です。
沖縄県内では売られているようですが本州などには出回っていない国産バナナです。
甘味の中にも酸味があり一般的に売られているバナナと比べても美味しい品種との事です。
風や病気に弱く育てにくく沖縄から外には普及していない『島バナナ』、、、
本州では露地栽培は一般的でないようですがチャレンジしてみます!

どうなるかは『おたのしみに』、ですね♪






『上羽たたみ店』

↑をクリックしてホームページも見てね。





| 上羽たたみ店三代目 | バナナ | 23:13 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE